車探しはトラストカーサービスにお任せください。長野県諏訪市

女性でも安心して車選びができるお店です!

車探し専門店
 トラストカーサービス 諏訪店

〒392-0012 長野県諏訪市四賀122-4

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

サンキュウナナナナ

0266-78-3977

メールでのお問合せはこちら

新車のリースを詳しくは、動画をご覧ください!

マイカーリースって何?

個人向リースって?

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

リースって言うと企業向に車とか機械を借り受けるというイメージですが、個人向けリースの考え方も基本的には同じです。また、借りると言うと「レンタカー」を思い浮かべる方もあるかと思いますが、基本的に借りるということでは、同じことです。

では、カーリースとレンタカーでは何がどう違うのでしょうか?

まず、どちらも車の所有者は同じです。しかし、車を使う使用者が会社にあるか個人にあるか、ということが最大の違いです。

よって、カーリースで登録するには車庫証明書の申請が必要になります。(地域や車種によって必要ではない場合もあります)よって、車庫証明書を必要な地域にお住まいで、仮に車庫がなかったとするとリース契約は出来ません。

また、車を新車で選ぶ場合、車種、グレード、ボディーの色、メーカーオプション、ディーラーオプション、さらには、希望ナンバーだって取ることは可能なのです。もちろんレンターカーのような(わ)ナンバーなんてことは絶対にありません。よって、今まで車を購入された方法と何ら変わりがないのです。

さて、選んだ車は、前に述べたとおり、リース会社の所有です。よって、車両本体価格や登録費用、税金や自賠責保険保険料、車検など全てリース会社が管理します。リース会社は、車を借り受ける期間にかかる諸費用を計算し、月々のリース料が計算されます。だから、税金も車検も月々支払うリース料に入っているので、あえて時期に請求が来ないのがリースの特徴と言えます。

マイカーリースの考え方

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

当店にマイカーリースをご検討されているお客様から質問を受けたのですが、「毎月のリース料に消費税がついているが、車両本体価格にも消費税がのっている。リースってダブルで消費税がかかるのか?」と言われたことがありました。それは、ノーです。

リース料を計算する時には、消費税を抜いて計算されます。最終的に月々のリース料が決った際に、そのリース料に対して消費税が加算されます。

基本的なリース料の計算は、借りる車のリース満了時にいくらの価値が残るか?=残価をまず設定します。その価格が決まると車両本体価格から残価分を差し引いたものが、リース料計算の基本となります。それにオプションなどの装備料、税金、保険料、登録費用、リース期間中にかかる税金、車検などの費用を加算し、リース料を決めていきます。

リース料は、月々というイメージがありますが、まず期間中にかかるリース料の総額が出ます。その総額を毎月のリース料に振り分けます。よって、オートローンと同様に頭金や下取充当分、またボーナス併用払いなど、リース料の支払いはいろいろあります。

今巷で流行りの「新車1万円で乗れます!」は、まさに、この支払い方法のマジックと言えます。

 

月々1万で新車の乗れるのは本当だが、ボーナス月に増額になると言うことは小さくか書かれているのが実情です。

カーリースの個人利用はお得?

 最近、「新車が諸費用コミコミで月々1万円から乗れます。」という、うたい文句でテレビCMや新聞広告、チラシを賑わしていますが、あれって個人向けオートリースのことなのですが、ご存知でしょうか?

 マイカーリースは、住宅でいえば新築の賃貸マンションのようなものですが、住宅は賃貸で借りる方も多いかと思いますが、車となるとリースをする方は少なく、ローンや現金で購入する人が多くなります。

 賃貸住宅が得か?家を買うのが得か?昔からよく言われますが、それらは人それぞれのライフスタイルがあり、損得の判断は難しくなります。家を買って30年の住宅ローンを組まれる方も多いと思いますが、長く住んでいると、あちらこちらガタがきます。住宅ローンを支払いながら、さらに修繕費がかかることも珍しいことではありません。

 車も同様、やはり古くなれば故障、メンテナンスの費用もそれなりに増えていきます。家は、買ってしまえば20年以上住みますが、車はせいぜい5年から10年ぐらいの間隔で乗り換えする人が多くなります。だとすれば車をリースで借りる方が断然お得だと言えるかもしれませんね?

リースといえば、借りるというレンタカーのようなイメージを持たれている方もいるかと思いますが、最近の個人向けリースは、新車をディーラーで買うのと同じく、車種、グレード、色、オプションも自由、さらにナンバーも希望ナンバーも取れます。車が納車されてからも自分の車同様に、いろいろなカスタマイズもOKなのです。

と言うことで、本当にリースがお得か?どうか検証してみましょう。

新車を買うなら現金?ローン?リース?

さて、現金、オートローン、オートリース、どの購入方法が一番あなたに合っているでしょうか?例を挙げて説明してみましょう。

現金一括で新車を買ったAさんの場合

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

Aさんは、憧れのタントカスタムを購入するために、毎日の生活を切り詰めて、やっとの思いで200万円を貯めました。

早速ディーラーに行ってタントカスタムのRSトップエデションⅢの4WDの見積もりを出してもらったら、ドアバイザー、フロアーマット、純正ナビを付けて、トータル205万円、本当はスタットレスタイヤも欲しいのですが、予算が足らず、なんとか5万円を値引きしてもらって200万円にしてもらいました。そして、憧れのタントを注文しました。

 1ヶ月後、待ちに待ったタントが来ました。「やっとの思いで買ったのだから10年はのるぞー!」と意気揚々!!

 新車なので特にトラブルもなく、思いのままのカーライフをエンジョイしていました。

 さて、季節は秋です「そろそろスタットレスタイヤを考えないと・・・?」量販店に行くとタント用のスタットレスタイヤとアルミで5万円~7万円ぐらい。せっかくの新車なのでせめて中間層のタイヤを選んで6万円で揃えました。その後もなんらトラブルもなく乗り続けました。しかし、5月になると自動車税、12ヶ月点検、オイル交換、車検と次々にお金が出ていきます。

総務省の統計で、軽自動車にかかる年間の経費は、税金や車検代など含めて5万円~6万円程度と言われています。

さて、5年経過したAさんの車は、5年でどのくらいの費用がかかったでしょうか?

車両取得費用 200万円

スタットレスタイヤとアルミホイールで6万円

5年間の維持費用 5万円×5年分で25万円

ざっと、237万円かかっています。

さて、「10年乗るぞー」と決めたAさんですので、あと5年間の様子を検証してみましょう?

まず、車の調子は良いのですが、少しサビが出てきたようです。タイヤもそろそろ替えないと次回車検も無理かな?内装は、シート、カーペットに若干の汚れとほつれ、トリムも少しキズが目立つようになってきたかな?ナビの案内も少し古くなってきたかな?

さて、車には特に問題がないようですが、ここからメーカー保証が切れ、以後のトラブルはすべて自己負担になります。また、各消耗品(ブレーキパットやファンベルト、タイヤなどなど)も自己担になります。

しかし、Aさん幸いにもメンテナンスをしっかりやっていたので大きなトラブルにも遭遇せず10年が経過しました。

さてこの5年間でどのくらいの維持管理費が発生したか?

なんとか年間6万円で抑えることができたので、6万円×5年で30万円かかりました。最初の5年間と合わせて 267万がかかりました。

車の状態ですが、走行距離も9万Km,、下回りのサビも一部腐食している状態です。買取査定してもらったら 0円だそうです。車検をとってもう少し乗ろうか?どうか迷っています。車検を取ると10万円ぐらいかかりそう?貯金は、なんとか月々1万ぐらいはできたので、なんとか120万円は貯まっているけど・・・?

個人向けオートリースを選択したBさんの場合

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

BさんもAさん同様、タントカスタムが欲しく、貯金をしていました。現在の貯金は200万円です。Bさんは、ディーラーではなく、いろいろお世話になっていると言うことで近くの中古車販売店に行って相談しました。販売店の方か 「新車に乗るなら、ぜひリースも検討してみませんか?」と言われて説明を聞くことにしました。

そこの販売店では、どこにでもあるような「1万円から乗れます!」もやっていましたが、オススメは、すべてパックになったメンテナンスパックということなので、それで見積もりをしてもらいました。すると、頭金なしで月々33588円の5年(60回)になると言われました。さすがに33000円はきついので、他に方法がないかと聞くと、頭金またはボーナス増額払いがあると言われ検討してみたが、年2回のボーナス月に増額するよりは、せっかく200万円貯めたのだから、頭金で見積もりをお願いしました。

頭金で50万円を入れて見積もりをしてもらうと、月々24192円になるそうです。少し厳しいかなと思ったのですが、その見積には、マット、バイザーはもちろんスタットレスタイヤとアルミホイールが付いていて、さらにDVDが見れる最新のナビプレゼントしてくれるらしい、おまけに工賃も込みらしい・・・と言うことでリースで購入を決めました。

車は、Aさん同様に1ヶ月で届きました。その際に支払った金額は50万円。

Bさんの貯金は、200万円-50万円で貯金は150万円残っています。

さて、Bさんのカーライフを覗いてみましょう!

Bさんは、5年間、税金も車検代もメンテナナンスも車を維持するにあたり、一銭も払っていません。ただ払っといえばガソリン代だけ・・5年間のリース料は、50万円+(24192円×60回)=195万円でした。そろそろ5年のリースが終了します。さて、この車どうしようか?乗り続けようか?新しい新車にしようか?(このまま乗り続けるには、残価分78万を精算し(現金、ローン、再リース)新たに車検を取って乗り続けることです。

乗り換えるまたはもう乗らないという選択をする場合は、その販売店で買い取ってくれるそうです。)

車の調子は良いのですが、若干のサビ?もったいないかな?と思ったのですが、メーカー保証も切れるし、車検代もかかるし、以後のメンテナンスや税金は全て自己負担・・・?などと考えると新しい車もいいかな?と思うようになり、新車への乗り換えを決めました。

今まで乗っていたタントですが、メンテナンスがしっかりされていたので、予定残価価格より5万円も多く買い取ってくれました。貯金もそのまま残っていたので150万円と車の維持費が一定だったので、なんとか5千ずづは残せたので、30万円貯まりました。

よって、今貯金は180万円あります。次も新型タントに決めて注文しました。条件は同じです。

ただ、前のタントを5万円多く取ってくれたので、今回の頭金は45万円で新車リースしました。現在の貯金額は、135万円です。

同様に5年がすぎ、リース満了を迎えました。

Bさんは、また新車の乗り換えました!!

 

オートローンで買ったCさんの場合

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

なかなか貯金ができないCさんでしたが、やっとの思いで50万円貯めました。

希望の車は、AさんBさん同様にタントカスタムです。

Cさんは、長く乗るのだからということから、オートローンを選択しました。

車の価格は、Aさん同様200万円、どうせローンなのでスタットレスタイヤも合わせてローンにしました。

タント購入ローン申し込み額 206万円-50万円=156万円

60回払いで月々28659円、ローン金利手数料159561円

84回払いで月々21252円 ローン金利手数料225135円 

Cさんは、車の維持費も考えて7年、84回の均等払いを選択しました。 

以後は、現金で購入したAさん同様の維持費がかかります。

 

さて、Cさんは10年でいくら払うか?

車両代 206万円

金利手数料 22万5千円

10年間の維持管理費 55万円

合計 2,835,000円となります。

 

Cさんは、ローンが終わってその分を残り3年貯めるつもりですたが、車両の修理費などが増え、なんとか1万円ずづ貯金できました。

今現在貯金は、36万円あります。

そろそろ車もガタが来たので買い換えようかな?頭金36万あるし・・・?

 

貯金はないが、オートリースを選択したDさんの場合

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

さて、最後にDさんの場合を見てみましょう!

Dさんは、貯金がありません。そこで、リースとローンを検討することにしました。車は、前の3人と同じタントカスタムです。

 まず、ローンで試算すると

206万円全てローン、5年60回払いで 月々 37845円

           7年84回払いで 月々 28063円

さすがにどちらも厳しいそうです。

話を聞くと、ボーナス月に5万ぐらいは入れられそうとのこと、ボーナス併用払いを選択

すると、5年で、月々24985円 ボーナス月 5万円 金利 216357円、7年で月々18527円 ボーナス月 5万円 金利302924円です。どちらで購入されても、維持費が別途かかります。

 これを5年リースにすると、月々25380円、ボーナス月 5万円になり、5年間の維持管理費は、0円。5年後にまた新車に乗れる。 

と言うことで、リースに決めました。

 

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

いかがでしょうか?

ちなみにAさんは、最初200万円の貯金がありましたが、10年後また新しい車を購入することで、貯金がまた0円になっています。

それに対して、200万円を貯めてリースにしたBさんは、10年ごさらに新車の契約をして、既に新車を3台乗り換えています。同じ条件で見ても貯金は現在115万円あります。

CさんとDさんを比べても、支払った額はリースにしたDさんが少なくて済んでいます。

 

長く乗れば乗るほど維持管理費が増えていきます。メーー保証も切れます。

万が一、5年目以降にエンジンを載せ換えないといけないトラブルに遭遇すれば、リビルト使っても15万円から20万、ミッショントラブルでも15万、ターボのトラブルで10万円、エアコントラブルでも5万円など修理代は全て自腹です。

今の車はトラブルも少ないからと言っても、メーカー保証でエンジン、ミッションなどの交換も現にありました。メーカー保証が切れて、お客様にご負担していただいた事例も何件かはあります。

当店が取り扱っているリースは、基本的に5年です。

つまりメーカーが保証してくれる期間と同じです。だからこそ安心して乗れると言う最大のメリットがあると私は思っています。

 次にカーリースのメリットをまとめてみましたので、参考にしてください。

カーリースのメリット

カーリースのメリットは、以下の通りです。
  • メンテナンスを専門会社に任せれる
  • 支払いが安定して生活費の計算がしやすい
  • 自動車税などの管理が不要
  • 車検費用が不要
  • 経費として確定申告できる

以上です

メンテナンスを専門会社に任せれる

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

法人だけでなく最近は個人でも車の保有方法の一つとしてカーリースを利用する人が増えていますが、この場合はサービスを提供している会社が名義人になることによってサービスを提供するという形になっています。

また、カーリースで車を保有することのメリットの一つにメンテナンス会社に任せることができるという点で、これによって個人的に管理をする必要がなくなるので手間も大幅に省くことができます。

メンテナンスについてかかる費用は、毎月払っているリース代の中からカバーされるところもあれば、別途でかかってくることもあるので、毎月の費用が安いかどうかということだけでなく、こうした付加サービスにどれくらいの費用が必要になるのかということもポイントになります。

またカーリースのサービスを提供している会社のほとんどは自社に修理工場を持っていることや提携している業者がいるのが普通なので、個人的に依頼して修理してもらうことに比べると費用についてはかなり安くなっているのが特徴です。

個人的に車を保有する場合だと時間がないなどの理由からメンテナンスがなかなか出来ないという状態になることも少なくありませんが、借りる場合だとこのような負担が少ないというメリットがあります。

様々な車の保有の形があるので、この方法だけに固執するのではなく、いろいろな視点でチェックして自分の一番理想となる車の保有することも車を選ぶポイントになってきます。

支払いが安定して生活費の計算がしやすい

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

自分の車を購入して保有する場合に新車などになってくるとマイカーローンを利用して購入する人が多くなりますが、マイカーローンの場合は、毎月一定の金額を払いながら車の維持をするのが一般的になっています。

毎月マイカーローンだけのお金を払うだけで車の維持をすることができればいいのですが、途中でオイル交換をする必要があることや税金の支払い、そして車検費用など車を保有する場合、様々な費用がかかってくることになります。

したがって、急に車で必要になるお金が発生するようなことも可能性として考えられるわけですが、これがカーリースになってくると毎月一定の金額を払うことになり、そこに維持費用も含まれています。

そのため、生活費としてリース代を入れることによって別途でかかってくる車に関する費用が少ないことから生活費の計算がしやすいというメリットもあり、これが法人などでカーリースが多く取り入れられている理由にもなっています。

支払いに対して安定性があるということで収支のバランスを取りやすい点でのメリットもあります。毎月のリース代がどのくらいになっているかという点については会社によって異なるので事前にチェックしておくようにしましょう。

また、カーリースを提供している会社も増えているのでサービスから比較して選んでいくというのもポイントの一つになってくるので車を乗る目的や使用頻度など総合的選んでいくようにしましょう。

自動車税などの管理が不要

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

車を保有する場合は、様々な維持費用が必要になりますが、その中でも特に負担の大きいといわれているのが自動車税と呼ばれる税金で、これは41日に車の名義人に対して請求される税金のことで自動車税の支払いをきちんとしていないと車に乗り込ともできません。軽自動車であれば1万円ぐらいで済みますが、これが普通車になってくると数万円単位の費用が必要になってくるので毎年の負担で考えていくと無視することができない不単位なります。

また、2年に一回必要になってくる車検についても自動車重量税の支払いをするのが一般的になっており、これについてもきちんと支払っていかないと車を乗ることができないので、滞納しないように気をつける必要もあります。

カーリースであれば、名義人がカーリースになるので、個人に対して請求されることがなく、毎月のリース代の中からカバーしてもらえることができるため管理しやすいメリットがあり、払いを忘れてしまって車に乗ることできなくなるというリスクも低くなります。

カーリースのメリットの部分といわれるところが、それだけ毎月の金銭的な負担は大きくなってしまうことにもなるので、それを考えると費用対効果についても事前に考えて車の乗り方も考える必要があります。

カーリースのサービスを提供している会社によって用意されているオプションのサービスなども異なっているので、どのようなオプションが付帯されているかについても調べておきましょう。

車検費用が不要

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

車の保有をする場合に2年に1回ほど車検を受ける義務があります。車検については車の健康診断のようなもので、車に不具合があるかどうかということを調べて修理する必要がある場所が見つかった場合は、そのまま修理になります。

車を保有する場合にかかってくるコストの中で特に高いものが車検になりますが、これを受けないことには車に乗ることができないので、きちんと車検を受けて車に乗るということは前提になってきます。

カーリースで車を借りて維持する場合は車検費用が不要という特徴がありますが、車検費用が不要になっているのは毎月のリース代でカバーされていることや名義人そのものが会社側であることが理由になっています。

ちなみにカーリースのサービスを提供している会社というのは整備工場を持っていることが多いので、個人が整備工場に出して修理してもらうことに比べるとコストがかからないため、これによって費用を軽減することができます。

カーリースの車検費用やそのほかの費用などについてサービスを提供している会社によっても異なっているので事前にきちんと把握しておく必要もあり、トラブルにならないよう注意することも条件として必要になってきます。

また、車を購入する方がいいのかどうかということと、リースの方がいいかどうかとについては車に乗る頻度などによっても変わってくるので、自分に合った車の保有を考える董いことも大切で状況などに応じて考えていくようにしましょう。

経費として確定申告できる

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

最近は個人向けのカーリースも増えてきており、車を購入することに費用の高さを感じる人や管理についての負担を減らすことを目的にしていることが多くありますが、それでもカーリースの利用において法人の利用が特に多くなっています。

法人がカーリースにして車を保有する理由にはいろいろありますが、その理由の一つになるのが、かかってくる費用を経費にすることができることで、経費にすることによって確定申告の時に支払う税金を減らすことができます。

車を購入した場合も維持費用にすることはできるのですが、この場合だと減価方式で計算されることも合ってすべてを経費にすることが難しく、トータル的な面でみるとカーリースにする方が節税対策にもなります。

ちなみに個人事業者自営業者のような個人的に事業を展開している人であってもカーリースにすることによって経費として計上することができるので、かなりの節税対策になることが期待されるので、トータル的に見た場合にもメリット要素が大きくなります。

車を購入して維持するのとカーリースを利用する場合では、それぞれメリット、デメリットがあるので、それぞれの良さをきちんと把握しておく必要があり状況に応じて選んでいくことも必要になります。車の保有については、様々な形があることから一つの方法だけではなく、いろいろある方法の中からから自分のカーライフに合った形で車の維持をすることも重要なポイントになってきます。

だからと言ってリースが全て良いわけではない。

自分にぴったりのサービスを見つけることができました。

ここまで読んでいるとオートリースって良いかな?と思ったあなた?

リースだってデメリットはあります。そこを理解したうえで現金で買うのがいいのか?オートローンがいいのか?それでもリースがいいのか?よく検討してみてください。

 

カーリースのデメリット

カーリースのメリットは、以下の通りです。
  • リース期間中は、基本的に解約ができない。
  • 短期間に距離を走る方
  • 事故の多い方
  • メンテナンスになかなか来れない方
  • マイカーを改造したい方

以上です

リース期間中は、基本的に解約ができない。

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

車を現金もしくはオートローンで購入した車は、基本的に自己所有となります。一部所有権がついてローン会社の所有となっている場合がありますが、ローン途中で売却をしても違約金が発生することはなく、残債を支払えば問題なく売却ができます。

ただし、オートリースの場合は、携帯電話と同じように期間の縛りがあります。もし契約期間中に解約を申し出れば、かなりの違約金を請求されるのが、オートリースの特徴です。

だから、飽きやすい方にはおすすめできません。

よって、当店のリースは、7年にせず、5年縛りのリースをおすすめしています。飽きても5年目で替えられるし、もし気に入ってもう少し乗りたいと思えば、買取、再リースと乗り続ける方法もあります。

これは、契約の前にじっくり検討することをおすすめします。

短期間に距離を走る方

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

オートリースの契約には、月間走行距離を決める必要があります。

これは、査定上において標準の走行距離が設定されています。この基準より走行距離が少なければプラス査定で金額があがります。逆に走行距離が標準より多ければマイナス査定で減額されます。

オートリースの場合、期間中の走行距離を決めることにより、リース満了時の標準残価を決めることによってリース料が算出されます。

少なく設定すれば、残価も上がり、リース料金も安くなります。逆に多く設定すれば残価も下がりリース料も高くなります。

よって、短期間に基準よりかなり走ってします方には、おすすめできませんが、多少オーバーしたとしても返却時に大手のように差額は請求しませんので、ご安心ください。

当店のリースは、リース満了時に基本的に当社で査定しその時の適正買取価格で買い取らせていただくので、リース期間中大事に乗っていただければ査定金額も上がり、残価予定額より高くなれば、その差額をお支払いしますので、もしかするとボーナスが入るかも・・・・?

事故の多い方

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

よく事故車ということを耳にするかと思いますが、事故車(修復歴あり車)となると査定も大幅にダウンします。

つまり、リース満了時の残価の基準は、事故のない状態です。よって事故車になってしまうと査定額も大幅ダウンとなり、リース満了時に差額を請求されます。当店でも満了時に査定をして、万が一事故車のレッテルをはられ、査定額が下がればその差額を請求せざる負えないのが実情です。

しかし、リース満了時には、基本的に当社で買取ますので査定が下がったとしても、シッカリ直されていれば大幅なダウンも避けられる可能性がありますのでご安心ください。

マイカーを購入され、キズを絶対に付けないと言われる方は少ないと思います。何らかのキズは乗って走っていれば当然ありうると思います。

残価を基準より高く設定しているリース会社は、買取時の査定も厳しくなり、場合によっては、キズ、へこみをシッカリ査定され、思わぬ出費なんてこともありうるかもしれませんね?

メンテナンスになかなか来れない方

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

車を買っても、車検のときにしかオイルを交換しないという方は、リースには不向きです。せっかくオイル交換、定期点検、などのメンテナンスがついているにも関わらず、来て実施できなければもったいないです。また、車もかわいそう?

例えば、新車から4,5万Km程度オイル交換もせずにいるとエンジンが壊れす場合があります。いくらメーカー保証が効いているからと言ってもメンテナンスが悪ければ保証は効きませんので注意をしてください。

当店のスペシャルリースをお申込みいただければ、定期的にご案内が届き、工場にもって来られない場合は、ご自宅または職場などの指定していただいたところに取りにお伺いしますので、ご安心ください。

 

マイカーを改造したい方

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

最近では、あまり見られなくなりましたが、バリバリに改装するとリース満了時には元の状態に戻していただくのが原則となります。

当店では、基本的に買い取りますので多少の変更点は問題ありません。

しかし、バリバリにしたい方はおすすめしませんので、悪しからず!

 

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0266-78-3977

受付時間:9:00~18:00